野球ボールの製造工程

Production process

当社の製品は中国にある工場にて生産をしております。また、出来上がった製品は日本にて検品を行い、品質基準をクリアしたものを出荷しています。

野球ボール工場・旧松戸工場1
野球ボール工場・旧松戸工場2
野球ボール工場・旧松戸工場3
1/1

昭和27年、創業当時の旧千葉県松戸工場

野球ボール工場・中国工場1
野球ボール工場・中国工場2
1/1

中国広東省増城市、​硬式野球ボール生産工場

​製造工程(中国工場)

野球ボール芯はウールを巻くことで出来ています。

写真は機械を使って糸を巻き付けているところです。

​ウールは何種類かの機械を使用し、複数回巻き付けます。

硬式野球ボール 製造過程

​牛革と芯を組み合わせてサイズと重さを合わせます。

野球ボール工場 中国工場製造過程 縫い合わせ

野球ボールの革を縫い合わせる作業は、機械では行うことが出来ません。その為、すべてのボールは人の手によって縫い合わせされています。

硬式野球ボール 製造過程 乾燥仕上げ

​適切な湿度や温度で保管し、出荷されます。

​製造工程(日本工場)

野球ボール工場・日本工場

日本工場では、製造したボールを再度、検針・検品・版押し・加工などを行い、全国に出荷を行っております。

​日本に到着したボールは再度、日本工場にて検針を行います。ボール内部に不純物がないことを確認した後、加工作業を行います。

商品は一つ一つ丁寧に検品を行います。

牛の本革ですので、革の品質が統一されている訳ではありません。中には天然のキズやシワが残っているものもあります。製造工程で不適切な部位は除去していますが、再度、適切な基準で仕分け作業を行います。

お客様の注文内容に従って、版押し、梱包等を行い出荷を行います。